あこやひめの干物について

あこやひめの干物は、天日干しのもっとも良い条件を再現する専用の乾燥機の中で作られます。
温度や水分をコントロールして製造することにより、いわゆる半生状態で「ふっくらジューシー」「中ふわ皮パリ」の美味しさに仕上がっています。 また、この過程で魚特有の臭みが抑えられ、より食べやすいものになっています。

どうやって食べればいいの?

干物と言えば、『炭火で焼いてお酒のおつまみ』…といったイメージが強いですね。

あこやひめの干物は、冷凍した状態で販売しておりますので、 自然又は冷蔵解凍後、オーブントースターやフライパンで7~8分ほど焼いて お召し上がりください。

お店では、シェフ考案の、麦味噌を使ったクリームソースを使い、洋風にアレンジしたものを提供しています。きっと干物のイメージが変わりますよ!